桑田佳祐/波乗りジョニー レビュー

4.5
サザンオールスターズ

この記事では、24年間ファンを続けている私による、桑田佳祐のシングル「波乗りジョニー」のレビューをシェアします。

収録曲

  1. 波乗りジョニー (4:25) [作詞・作曲・編曲:桑田佳祐 / 管編曲:山本拓夫 / 弦編曲:島健]
  2. 黄昏のサマー・ホリデイ (5:36) [作詞・作曲・編曲:桑田佳祐 / 英語補作詞:岩本えり子 / 弦編曲:島健]
  3. MUSIC TIGER (2:25) [作詞・作曲・編曲:桑田佳祐]
  4. PRIDEの唄 〜茅ヶ崎はありがとう〜(LIVE in 大阪城ホール)(3:31) [作詞・作曲・編曲:桑田佳祐]

「01:波乗りジョニー」レビュー

この「波乗りジョニー」には仮バージョンと正式バージョンの二つがあります。仮バージョンはコカコーラのCMで使われていました。桑田佳祐が屋上で演奏していたあれですね。この時にはまだサビの一部分しか完成していない状態だったとか。確か仮バージョンは正式バージョンに比べて、ハモリの音量が大きかった記憶があります。

桑田佳祐はこの曲を境にソロ活動へ入ったのですが、セールス的に上り調子だったサザンがわざわざ活動を休止する必然性は全くありません。桑田佳祐もまだサザンでの活動に未練が残っていた様子でしたし、「波乗りジョニー」そのものも最初はソロ名義なのかサザン名義なのかが確定していませんでした。では何故突然ソロ名義になったのか? どうやらこの時、大森隆志(Gt.)のサザン脱退問題が持ち上がっていたようなのです。

大森隆志は00年~01年の年越しライブにも、はっきりした理由を明かさないまま欠席扱いになっていました。メンバー側としては、ここで各自がソロ活動に入って、一度大森隆志に頭を冷やして貰おうとしていたのではないでしょうか。しかし、結局はこの後すぐに大森隆志はサザンを脱退してしまいました。

さて、こういった背景を通じて出て来た「波乗りジョニー」ですが、その元ネタはおそらくビーチボーイズの「Do You Wanna Dance」です。サビにおけるコーラスの雰囲気とか、打楽器の使い方なんかがよく似ています。このビーチ・ボーイズは、フィル・スペクターから大きな影響を受けています。「波乗りジョニー」にも管楽器や、弦、手拍子、タンバリン、シェーカーなどが入っており、フィル・スペクター・ライクな分厚い音像を作り上げていますね。ジョージ・ハリスン風スライドギターはフィル・スペクター繋がりで入れたのかも。

桑田佳祐はこのスライドギターに加え、ベースとキーボードを演奏しているそうです。ブライアン・ウィルソンを真似し切れていない、ぶつ切りのベースはともかく、、彼のスライドは相変わらず素晴らしいですね。ピアノは原由子が弾いています。ついでに小ネタですが、この曲も何カ所か機械でボーカルの音程を補正しているんだとか。バッキングギターではBメロのフレーズがダサくていいです。ここのウネウネした鍵盤の使い方には「希望の轍」の焼き増し感があったりしますが。

まあそれはさておき、サビでは、韻を踏んだ歌詞とハモリ、ピアノ、ベル、鉄琴の調和が、心地のいい疾走感を生み出しています。テンポ自体早いですしね、この曲。サビでリフが繰り返されるのは、サザンの「DJコービーの伝説」でもありましたね。あと、仮バージョンには入っていなかった? ティンパニ(太鼓)がとてもいいアクセントになっています。これをもうちょっとだけ強調して欲しかったですね。

歌詞は、最近桑田佳祐が気に入っている、高音域で「泣き」のBメロでは、「君を守ってやるよと、神に」「夢を叶えてくれよと、星に」とまで韻を踏んで、それ以降はまた韻を踏まずにずらしていますね。これのメリハリの利かせ方は気持ちいい。他にも「愛まかせ」と「愛は何故」の踏みかたは面白いですね。

あとちょっと不満ですが、 セルフプロデュースにしてしまうと、特にリズム隊に関して、サザンより見劣りしてしまうように感じます。丁寧に作っているのにあまり音楽的な高揚感が足りないのは、リズム隊(打ち込み&桑田ベース)の弱さが原因じゃないでしょうか。他にもミックスとマスタリングが、桑田佳祐にしては詰めが甘いように思います。。(……と、思っていたら、桑田佳祐自身リリースの翌年に「ミックスをやり直したい」とディレクターへこぼしていたようですね。ベスト盤『TOP OF THE POPS』のバージョンではリミックスしているのかも。)

参加ミュージシャン

波乗りジョニー

桑田佳祐:Vocal, Electric Guitar, Bass, Keyboards, Chorus
原由子:Piano
三沢またろう:Percussions
菅坡雅彦:Trumpet
横山均:Trombone
包国充・山本拓夫:Tenor Sax
金原千恵子ストリングス:Strings
加藤茂:Drums Programming
角谷仁宣:Computer Programming

黄昏のサマー・ホリデイ

桑田佳祐:Vocal, Bass, Keyboards, Chorus, Clap
佐橋佳幸:Electric Guitar
原由子:Electric Piano, Chorus
三沢またろう:Percussions, Clap
金原千恵子ストリングス:Strings
斎藤誠・山門雅代:Chorus
加藤茂:Drums Programming Assistant & Chorus
角谷仁宣:Computer Programming

MUSIC TIGER

桑田佳祐:Vocal Electric Guitars, Bass, Drums, Percussions
ユースケ・サンタマリア:合いの手 & お囃子
角谷仁宣:Computer Programming

PRIDEの唄 〜茅ヶ崎はありがとう〜(LIVE in 大阪城ホール)

桑田佳祐:Vocal, Acoustic Guitar

コメント

タイトルとURLをコピーしました