Eメールを使いこなすことで仕事時短する

仕事の時短術(個別記事)

FIREを実現するためには、時間当たりの稼ぎを増やすことが、資産形成に有利に働きます。

本項では、デスクワーク職の場合の生産性を向上させる方法として、Eメールを使いこなすことで時短する方法について紹介します。

参考になれば幸いです。

Eメールを活用することで時短する

極力、電話や会議をさけて、メールを使って仕事をすることで時短ができます。

電話と比べたメールの利点は、色々あります。

電話は早送りできないので、相手がしゃべり終わるまで要件が分かりませんが、メールだと電話よりも早く、同じ文字数の情報を瞬時に把握できます。

電話は相手ないしこちらが意図しない優先順位で拘束されますが、メールは、意図した優先順位順に処理できます。

メールの自動仕訳機能を使いこなすことで時短

メールの自動仕分け機能を使いこなすことで時短できます。

例えば、自分がccのメールはccのフォルダに入れるようにしておくと、自分への依頼メールではないことが確定するため、意図的に、流し読みで処理するようになって、メールの処理速度が速くなります。

メールの不在通知を使って時短

休暇や出張、会議中に、メールソフトの不在通知機能をつかって時短します。

仕事には適時に処理しないと、問題化して仕事の総量が増大する性質のものがありますが、不在通知を使うことで、そのような性質の仕事が放置されにくくなります。

例えば、依頼者は、急ぎの案件であれば、別の人間に依頼しなおします。不在通知を使うことで、自分がしなければならない仕事の量が減るわけです。給料は減りません。同じです。

まとめ

いかがでしたでしょうか

参考になれば幸いです。

その他、デスクワーク職の時短の方法については以下記事にて紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました