Excelを使いこなすことで仕事時短する

仕事の時短術(個別記事)

FIRE(早期リタイア)を実現するためには、一定の資産の蓄財と、当該資産が、生涯にわたって尽きないという状態が必要です。

その状態を達成するに際しては、時間当たりの稼ぎ(生産性)を増やすのが効果的です。

本項では、デスクワーク職の場合の生産性を向上させる方法として、エクセルを使いこなすことで時短する方法について紹介します。

多くの会社では、業務遂行用のPCアプリとしてMicrosoft officeを導入しているかと思いますが、エクセルの機能を使いこなすことで、時短ができます。

参考になれば幸いです。

便利な関数

使い勝手の良い関数は多数あります。

四則演算は最低限覚えます。

+

/

*

ほかにも以下が便利です。

vlookup

SUM

SUMIF

COUNTIF

等も便利です。

ショートカットキー

また、エクセルのショートカットキーを覚えることで、エクセル操作の時短を図ります。

Ctrl + Shift + End データを入力した最後のセルまで選択

Ctrl + セミコロン(;) 本日の日付を入力

Ctrl + 方向キー 一番端のセルへ移動

Ctrl + F 検索

Ctrl + A すべて選択

Ctrl + C コピー

Ctrl + V 貼り付け

Ctrl + X 切り取り

エクセルの動作を早くする

ハードウェアグラフィックアクセラレータを無効にすると、ほとんどのPCではエクセルの挙動が早くなります。

クイックアクセスツールバーをカスタマイズする

クイックアクセスツールバーによく使う機能アイコンを割り振りしておくと、時短になります。

リボンをカスタマイズする

リボンによく使う機能を割り振りしておくと、時短になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか

参考になれば幸いです。

その他、デスクワーク職の時短の方法については以下記事にて紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました