お茶パックとマイボトルの活用による飲み物代節約

節約術

FIRE(早期リタイア)を実現するためには、一定の資産の蓄財と、当該資産が、生涯にわたって尽きない状態を達成する必要があります。

当該状態を達成するに際しては、いくら多く稼ぐかよりも、同額、基本的な生活費が少ないほうが相対的に効果を発揮します。殆どの人の場合、生活費が発生する期間が、労働している期間よりも長くなるからです。

そこで、この記事ではお茶パックとマイボトルの活用によって、成人の家族一人当たりの飲み物代を4,262円/月 節約する方法を紹介します。

参考になれば幸いです。

1日に必要な水分量

厚生労働省によると、成人の必要な水分量は1日2.5Lです。

「健康のため水を飲もう」推進運動

内訳としては、食事で摂取するのが1L、体内で作られる水が0.3L、飲み水が1.2Lです。

この内、飲み水1.2Lにかかる費用の、自宅・外出先それぞれにおける節約方法について、次項以降で計算してみます。

[自宅]お茶パックの活用による節約

まず、自宅における水分補給の節約方法について考えます。

例えば、自宅での飲料用にペットボトルのお茶を購入している方は、代わりに、お茶パックを用いて、自分でお茶を作ることを検討してみます。

お茶の種類としては麦茶がおすすめです。安いためです。

ちなみに、麦茶とは、殻つきのまま焙煎した大麦の種子を煮だすものです。

カフェインレスです。体温を下げる効用などがあります。

お茶パックを使った麦茶の煮だしの方法としては、お湯を沸かして煮だす方法と、水で煮だす方法があります。

お茶パックによる節約効果

お茶パックでお茶を自作することによる、具体的な節約効果額を計算してみます。

・平日の場合、一日当たり、室内で0.7Lお茶を飲むとします。

・休日の場合、1日当たり、室内で1.2Lお茶を飲むとします。

・平日を20日、休日を10日とするします。

→ひと月のお茶の消費量は、平日20日*0.7L + 休日10日*1.2L = 26L/月になります。

・麦茶ペットボトルをケース買いした場合のコストを、2Lあたり、140円とします。

=ペットボトルだと、1820円/月のコストです。

一方、麦茶パック150円 54袋入りを使うと、81Lの麦茶を煮だしできます。

煮出すに際し、必要な水道代は、東京都の場合は1Lあたり0.24円で計算します。

ガス代は、1Lあたり、2円として計算します。

結果、煮だすコストは、1Lあたり、4.40円です。

26L/月*4.4円/L=114.4円/月のコストです。

結論として、一月当たり、1,705.6円の節約になります。

作った麦茶の保管方法

作った麦茶は、麦茶ピッチャー/麦茶ポットに保管するのが一般的ですが、食洗機で洗い物管理している家庭の場合、麦茶ピッチャーだと食洗機で洗えないため、不便です。

そこでお薦めなのが、以下のような、1Lの、樹脂製のボトルで管理する方法です。

このような製品だと食洗機に入るため、便利です。

[外出先]マイボトルの活用による節約

仕事中の水分補給の手段として、飲み物を自販機・売店・コンビニなどで調達されている方は、水筒を買って、自宅で沸かしたお茶を持参することを検討してみましょう。

節約になります。

水筒の購入コスト分、すぐに節約されるでしょう。

一度どれくらい節約になるのか計算してみましょう。

マイボトルの持参による節約効果

マイボトルを活用することによる節約効果額を計算してみます。

例えば、勤務日数20日

自動販売機の麦茶130円/日

だと、2,600円/月

費用が掛かります。

一方、麦茶パック150円 54袋入りで、81L煮だしできます。

煮だすに際し、必要な水道代は、東京都の場合は1Lあたり0.24円で計算します。

ガス代は、1Lあたり、2円として計算します。

結果、煮だすコストは、0.5Lあたり、2.20円です。

ひと月当たり、44円のコストです。

自販機で飲料水を買うよりも、一月当たり、2,556円節約できます。

水筒2本あれば毎日ローテーションできると思いますので、以下に紹介するような水筒2本を購入したとしても、3カ月で元が取れる計算です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

参考になれば幸いです。

その他節約にかかる紹介記事は以下の通りです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました