音楽プレイヤーfoobar2000でUPnP/DLNAを使う

PCオーディオ

本記事では、PC用音楽プレイヤーfoobar2000で、UPnP/DLNAを使用する方法を紹介します。

PCのfoobar2000に対し、「UPnP/DLNA Renderer, Server, Control Point」というコンポーネントを導入すると、UPnPが使用できるようになります。

これにより、ホームネットワーク内の様々なデバイスで音楽を聴いたり、外出先で、スマホを使って自宅PCに入っている音源を視聴することができます。

参考になれば幸いです。

UPnP/DLNAとは

UPnPは ユニバーサルプラグアンドプレイの略称です。機器を接続しただけでコンピュータネットワークに参加することを可能にするプロトコルのことです。

DLNAとはDigital Living Network Allianceの略称です。LANを通じて映像・音楽・写真をやりとりするためのガイドラインです。

foobar2000でUPnPを使う方法

コンポーネントのインストール

まず、PCのfoobar2000に対し、以下のコンポーネントをインストールします。

foobar2000: Components Repository - UPnP/DLNA Renderer, Server, Control Point
foobar2000

次に、有効化します。

これで自宅内でUPnPを利用可能になります。

インターネット経由でUPnPを利用する方法

外出先で利用するためには以下の設定を行います。

まず、以下サイトなどで自宅の回線の、グローバルIPを調べます。

アクセス情報【使用中のIPアドレス確認】
あなたのアクセスしているIPアドレス情報などをENVとJavaScriptで取得し表示します。あなたのIPアドレスからポート疎通・ping疎通・DNS索引・WHOIS情報も取得できます。

グローバルIPは、環境にもよりますが、ルーターの電源がつけっぱなしであれば、そう簡単には変化しないと思われます。IP固定化する契約もありますが、費用が掛かります。

設定画面の「public server IP」に対し、当該グローバルIPを入力します。

Ligin:にログインユーザー名を設定します。

Password:に、パスワードを設定します。

foorbar2000 UPnP/DLNA Renderer, Server, Control Point

次に、ルーターでポート開放をします。

以下設定画面のPort(HTTP):のポート番号を開放します。

ポート開放の方法は、お持ちのルーターの説明書を確認ください。

最後にスマホで該当のUPNPのアクセス先を設定します。

ここではスマホ版のfoorbar2000で設定します。

foobar2000 - Google Play のアプリ
高度なオーディオプレーヤーアプリケーション。
‎foobar2000
‎foobar2000 mobile is an advanced audio player for mobile devices. Main features: * Supported audio formats: MP3, MP4, AAC, Vorbis, Opus, FLAC, WavPack, WAV, A...

Media Servers/USER-SPECIFIED SERVERSでAdd New+をクリックします。

<enter address>に、以下を入力します。

http://<上記で設定したログインID>:<上記で設定したログインパスワード>@<上記で設定した public server IP>:<上記で設定したPort(HTTP) >

例: http://FIRETARO:PASS@123.45.67.89:12345

これで外出先から音楽を聴くことが出来るようになります。

UPnPの通信量

replaygainをonにしていると圧縮音源ではなく非圧縮音源が通信されるようで、視聴時間によりますが、結構な通信量がかかります。

解決方法の一つに、mineoのパケット放題 Plusがお薦めです。月額385円のオプション料金で、最大1.5Mbpsのデータ通信が使い放題になるサービスです。

音楽鑑賞とブラウジング程度であれば、ストレスなく通信できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました